読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamma-onakasuita!

ゆるっと子育て。しっかりごはん。セキララに綴る夫婦の日々

産後クライシスについて考える

気づいたら、風呂入った?ぐらい頭が汗でびっしょりのあーさんを追いかける日々です。まだまだ暑い。



さて、産後クライシス


この言葉を知ったのはNHKあさイチなのですが


その時まだ妊娠中で、はいはいそういうこともあるのねーと流し見してたわたしかーさん。


しかし、産後のわたしは、まさに産後クライシス状態!


夫に対して


何故こんなこともできない?しない?あなたはかわいいって言えばいいからいいよね


とか。とか....


夫は、感情的にならないタイプで、器がでかい(と思ってきた)ので


ガンガン不満を夫にぶつけまくった。


すると、ある日夫も限界を迎えたのか


わたしが例のごとく、どうして?!と不満をぶつけると


君は何もわかってない!と部屋に閉じこもってしまった。


あれ?いつもなら黙ってウンウンと話を聞く→そうだねなどの同意なのかは分からないけどその場を納めるように相槌する、なのに。


さっきまでは、不満の塊で燃えていたわたしも、鳥肌がたつくらい冷めてしまった。



ごめんね


と言えたのはそのあと何日かしてから、なのだけど、なんとなくお互いわだかまりを残したままで


それを未だに引きずっている気がする。


私の言い分はこう


あなたが、していると思ってる育児は、お膳立てされたものなのよ!


あなたに、ほんの4時間預けて出かけるためにも


おやつ、離乳食、飲み物、オムツ、


あなたの昼ごはん


全部セットして


あなたは、食べさせて遊ばせて泣いたら、泣いてるよって電話して


あなたの子どもなのよ?親なのよ?


泣いたからってなんなの?離乳食食べさせたら食器片付けなさいよ!

わたしは日々、泣かれながらも洗濯し、ご飯をつくり家事をしてるのに。


----とまぁ


もっと言いたいことはあります。


そして、夫の言う


君は何もわかってない


って本当に、わかんないです。


仕事忙しいのかもしれないけど、


それなら、もっとこうしてあげたいとかそういう言葉や、態度で示してほしい。




あーまた平行線。