読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamma-onakasuita!

ゆるっと子育て。しっかりごはん。セキララに綴る夫婦の日々

1歳2ヶ月の謝罪

f:id:mamma-onakasuita:20151031230216j:plain急に寒くなって、着るものにも着せるものにも困るかーさんです。


こんにちわ。


突然ですが一句


《ごめんねと、君が初めて言えたから、10月25日は謝罪記念日》


字余り感...。


1歳2ヶ月あーさんが初めて、ごめんねと言いました!


正確に言うと、ぺこりと頭を下げました!!


一緒に本を読んでいたら、あーさんが他の本をバチーンと私の顔にぶつけてきたんです。


力加減がまだ出来ないので、まさかそんなに痛くしているつもりは無かったんでしょうが、結構痛かったです...


かーさん『いたーいいたいよー!あーが顔に本をぶつけたから痛いよ!』と嘘泣き


あーさんは始めのうちは、ふざけたように笑いながら様子を伺っていました。いつもはここで、私が頭を押さえて、半ば無理やりごめんなさいさせて、仲直りの流れなのですが


そろそろ、自分で言えるでしょうと嘘泣きを続行しました。


それでもなお、ふざけモードのあーさん。


かーさん『痛いのする子とは、一緒に楽しく遊べないよぉーー!(;_;)!』


と、2メートルほど離れました。


すると、みるみる顔が歪み泣き出すあーさん。ウワーンウワーンと泣き出しました。


そんなつもりじゃなかったんだよぉーー!と言いたげです。


真っ赤な顔でなく、あーさん


あぁまだごめんなさいは無理かな〜と思ったけれど、あともうちょっと!と、そのままかーさんは嘘泣き、あーさんはマヂ泣きの状況が続きました。


すると、足元へやってきたので


かーさん『ごめんなさいできる?ごめんなさいできる子なら一緒に遊びたいな』


など、言いながら様子を見ていました。


足元に来たことで、落ち着いたのか泣き止んだあーさん。


目の高さに合わせて、私がしゃがむと


次の瞬間、突然に



ペコっと頭を下げたのです!



うわーーーーん!


今度はかーさんがマヂ泣きです。


よくできたね!ごめんねってしたんだね!一緒に遊ぼうね!


と言いながら嬉しくて、号泣してしまいました。


あーさんを出産した以来の、嬉し泣きでした。


たとえ1歳でも、大人の言葉を聞いて、理解しているんだな〜と思う出来事でした。



後日、実家の母に『ごめんなさいって出来たんだよ〜!嬉しくて泣いちゃった』

って話してたら


横で、ペコペコと頭を下げたあーさん!


褒められて調子に乗ってる!!!とばぁばに笑われたのでした。