読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamma-onakasuita!

ゆるっと子育て。しっかりごはん。セキララに綴る夫婦の日々

腹痛からの失神

やらなきゃいけないことより、やりたいことを優先してしまうかーさんです。こんにちは。


卒乳その後も書いときたいのですが、その前にかーさんの失神話を聞いてください。


お腹の調子がなんとなく痛くて、生理前かなと思っていました。


そのままお出かけ。託児がついているカフェへ行きました。あーさんを託児へお願いして、さぁーコーヒー飲もう!と思ったら


なんだかお腹の様子が...トイレへ駆け込みました。


お腹を下し、お腹がとにかく痛い。陣痛なみ。


サァーーーツと血の気が引いて、目の前が暗〜くなりました。耳なりがして、冷や汗がでます。暑い!けど汗が出て寒い!


あーーーーやばいぞこれ。


そして、失神してしまいました。



今回は軽度で、失神状態で五分ほどしたら、目が見えるようになり、耳鳴りも治まりました。


幸い、便座に座ったままの失神でしたので、倒れてケガをするなど二次被害はありませんでした。


実はこの症状、初めてでは無いのです。年に1度は必ず襲われます。


私の場合、腹痛→下痢→貧血?→失神という流れで起こります。


そうなりそうな時は大体わかります。


腹痛


くる....この感じ..くる....。


となると、まず安心して篭れるトイレを目指します。


外出先だととても困ります。


さらに、あーさんが一緒だと、そうとう困ります。今回は、幸いにして託児室にあーさんを預けていたので救われました。



つづきます。

いつものことなのですが、今回も失神状態が落ち着いても、体に力が入りませんでした。

立てない...けど、もし倒れたら恥ずかしいからせめてパンツは履こう。意を決して立ち上がり、衣服を整え洗面台へ。


あっダメだクラクラする。


スマホから、カフェへ電話します。


「すみません..カフェのお手洗いにいるのですが。気分が悪くて...」


すぐに店員さんが来てくれて、ソファ席まで連れて行ってくれました。


そこで1時間ほど、休ませてもらい、体調が良くなったところであーさんをつれて帰りました。


その後は、多少の頭痛がするものの、毎回普通に生活できるほどに元気になります。


さて、これってなんなのか。


ずっと貧血だと思っていたのですが


《迷走神経反射》というそうです。


迷走神経反射(めいそうしんけいはんしゃ)とは、強い痛みや精神的ショック、極度のストレスなどが原因で自律神経のバランスが崩れ、血圧心拍数の低下から脳に十分な血液を送れなくなることで起きる、さまざまな症状の総称である。ワゴトニーとも言われる

通常の迷走神経反射の場合、失神を起こした際にけいれんを伴うことがまれにあるが、多くの場合は数秒~数分程度で後遺症なく回復することが多い。


詳しくはこちらがとてもわかりやすいです。


http://kango.919.co.jp/word/傷病/迷走神経反射/



防ぐ手立てが未だに見つかりません。しかし、数を経験するうちに冷静にはなれるのでなんとか乗り切っています。


でも、もう2度となりたくないな。