mamma-onakasuita!

ゆるっと子育て。しっかりごはん。セキララに綴る夫婦の日々

育児休暇から職場復帰するあなたへ。

サクラサク。ついつい写真撮っちゃうかーさんですこんにちわ。


f:id:mamma-onakasuita:20190330213045j:plain


保活を乗り越え、この春に保育園入園、そして職場復帰するみなさん


おめでとうございます。


これが育児休暇、最後の週末かぁ〜とお思いのことでしょう。


あったなぁ〜そんな時が。


そしてその時のかーさんったら、一歳半の元気過ぎる息子あーさんとの生活に飽きてきたといいますか


今日はどこへいこう....どうやって体力消耗させてお昼寝へ導こう...と疲れていたので


保育園預けられるなんて「やった」と思っていたのです。


明日から職場復帰という日、ある育児イベントに行きました。その時に話したベテラン保育士さんに、明日から職場復帰なんですよ〜なんてヘラヘラ話すかーさん。すると保育士さんが真剣な顔で


「明日の朝、子供さんと離れる時は、くれぐれも泣かないでくださいね」


と言われました。


へ?泣く?私が?


そんなわけないない!やっと働けるんだ、あーさんのママとしてではなく。〇〇さんと呼ばれ、毎月お給料をもらうんだ!息子は保育士さんたちと楽しく遊ぶんだ!


ぐらいに思ってたので、泣かないですよ〜と軽く返したのです。


でも、さらに、その保育士さんは言う


「泣くなら車の中で。子供の前で涙を見せたらだめよ!」


ーーーーー

翌朝。前日のうちに朝食の仕込みまで準備は万端。


家を出るべき時間の20分前には完璧に準備完了し


家を出た。


「あーさん、今日から保育園だね、先生といっぱい遊んでおいでね」なんて話しかけながら保育園へ向かった。


保育園へ着くと、「今日は何して遊ぶの?」と言いたげに楽しそうにするあーさん。


いざ、教室へ入ると手を差し伸べてくる先生たち。「さぁ、あーくんおいで!いっぱいオモチャあるよ」


一瞬で

ぎゅっと身体を硬くして、しがみつくあーさん。「遊びにきたんじゃない!」と


気づいた瞬間「ギャーーーーー」と泣きはじめた。


そして、私も突然泣きそうになった。


必死な息子を見たら、もう胸が張り裂けそうだった。


でも泣かない。泣いたらいけない。


昨日出会った保育士さんはこうも言った。


「ママが泣いたら、僕ってかわいそうなんだ、ママが泣いちゃうなら悲しいことなんだって思っちゃうから」


だから私は泣かない。


しがみつくあーさんを、2人がかりで先生が抱きかかえ引き離した。


かーさんは必死で笑顔をつくり


「よろしくお願いします」といって


足早に教室を出た。涙は目から今にも溢れそうだった。


車に乗り、ハンドルを握るや否や、わーっと涙が出た。


職場復帰への不安も、あーさんの必死な姿も全部全部涙の理由だった。


職場復帰するあなたがこれを読んでいるならば、


初日泣かないように、今から少しだけ気を引き締めて欲しい。


声をかけるなら

「ママは保育士の先生は、君のことを守ってくれるって知ってるの。だから安心して預けられるんだ。」


行きたくないよ〜と泣く子には


「うんうん、行きたくないんだね。行きたくないね」と共感してあげていい。


でも、母は泣いたらいけない。


「いってくるね、お迎えは〇時だよ」と子供と約束して


その時間の約束は必ず守って欲しい。


そんな偉そうなことを言ってはいるが、あーさんは、2年間は通園時いつも泣き面だった。


通園4年目に入ろうとしているこの頃、やっと笑顔でいってきまーすと言い、時には全く振り返らずに教室へ入っていく。


やっと慣れたのだ。事あるごとに「保育園の先生たちのことは君を守ってくれること」「あーさんが保育園で待っててくれるからお仕事を頑張れる事」を言い聞かせてきた。


「ママ!仕事頑張ってね!」といってくれたとき私はまた泣きそうになった。今度は喜びの涙だ。


共に頑張ろう。


さぁ、新しい春だ。







2人目の子供がほしい

熱いあつーい温泉に入ってリフレッシュしたかーさんです。こんにちわ。

 

現在息子4歳。あと半年で5歳になる。

 

2人目の子供が欲しいなと思い始めてから、3年近く経つ。

 

そのうちの2年は夫との産後クライシス、セックスレス、単身赴任もあり、物理的に妊娠は不可能だった。

 

2人目が欲しい。ということは、一度夫に伝えたけれどなかなか、ことに至らない日々が続いた。


排卵日周辺は、ホルモンのおかげか、肌も潤い、人に会いたくなる、明るい色の服を選びがち、なんとなく気分が上がるもんだ(私調べ)。が、2人目がほしくてでもセックスレスだと、排卵日近づくと悲しくなる。


「(たぶん)排卵日なのに、きっと今日もセックスできないな」「このまま歳とるのかな」

と....。


夫は、どちらかというと神経質で、清潔好き。たとえば、自分の体臭がしていないかを気にしたり、子供の足音が下の階に響いていないかを気にしたりする。

(それが、いいところでもあると思う。)


だから、セックスも条件が揃わないとできないと推測する。


男性の身体についてはよくわからないけど、彼は朝がいいらしい。しかも仕事が休みで、疲れていない時、そして、[子供がいない]が1番大きな条件だと思う。


たとえ部屋を変えても、「もし子供が起きてきたら」と思うと出来ないらしい。


女子か?!夫と妻が逆じゃない??と突っ込みたくなる。


母親は気を張っているので、子供がいる空間では女になれない。はある。


うちは夫がそれなのだ。


なので、条件をそろえ、かつ排卵日を狙うのはかなり難しい。


しかし、ここ三カ月は排卵日あたりに、セックスした。いずれも私から誘ったから、排卵日あたりにもってこれた。

 

しかも、一度は子供の寝ている部屋でもした。


我が家では本当にすごいことで、もうセックスレス解消したと言ってもいいと思う。


2人目妊娠にはまだ至らないけれど、かーさんは今、今までの夫婦関係で1番幸せだと思っている。



解消した理由として考えられるのは、


夫も、あーさんの子育てが楽になってきた実感があり、2人目が欲しいなとやっと思ってきた 。


夫が筋トレに目覚めて、自分に自信がついたこと。


の二つが挙げられる。


特に二つ目の、筋トレで自分に自信がついたは大きいと思う。


産後クライシスの頃なら夫が筋トレをしてビルドアップしても「いいよね、自分はそうやって筋トレする自分の時間が持てて」なんて言ったに違いない。


今は違う。「すごい!」とたくさん褒めた。時にはめんどくさいと思いながらも、絞り出して褒めた。


筋トレを続けて結果を出す、夫は本当にすごい。


そうやって夫自身が、自信をもって、私の子供が欲しいということに答えてくれる。


本当に幸せだ。


夫に拒否されたり、夫が誘ってくれなくてなやんでいる人の少しの希望になってほしくて、赤裸々に書いてみた。


私がしたのは、夫を男として褒めること。


そして、自分から誘うことを恥ずかしいと思わない。だった。


2人目が欲しい。その気持ちは、実は以前ほど強くはない。 


きっと、2人が欲しいという影には、夫に触れたい、セックスしたいという気持ちが隠れていて、今はそれがある程度満たされているからだと思う。


卵子の加齢は避けられないので、妊娠にはリミットがあることは知った上で、今はこのセックスレス解消した幸せを感じたい。

出産・育児ママのトリセツ 〜「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ

久しぶりに生活を文字にしてみる。

一年半以上放置していたブログを再開することにしましたかーさんです。こんにちわ。

 

改めて紹介すると、このブログは、

九州在住の31歳かーさんが、保育園児の息子(現在4歳)あーさんの成長や、出産・育児の過程で起こった産後クライシス、そこからの夫婦仲復活、旅行の記録、アイハーブでのお買い物、ふたりめ妊活、などを綴るブログです。

 

関係修復した夫との、今は懐かしい産後クライシスの様子

mamma-onakasuita.hatenablog.com

 

どうやって、産後クライシスした夫と関係を修復していったのかをこれから書いていきたい。

 

 今は四歳になった、あーさんの離乳食の記録。頑張ってたな。


mamma-onakasuita.hatenablog.com

 

最近の食事事情も書いていきたい。

 

夫が拒否するレスからのふたりめ妊活も。

mamma-onakasuita.hatenablog.com

 なんてことのない日々ですが、どうぞよろしくおねがいします。

 

 

義理の家族との関係性



ゴールデンウィーク終わりましたね。すでに日差しが強い初夏な陽気の九州よりかーさんです。こんにちは。



義理の父が、わが家に泊まってます!


食事の準備や洗濯物など....ため息が出ます


はっきりいいます!


嫌です!!!!!


決して義理の父が嫌いなわけではありません。


しかし、やはり夫の親は他人です。


泊まってもらう部屋の準備、布団のレンタル、お風呂掃除や、献立を考えて買い物をして....すでに疲れた。


到着してすぐに孫である、あーさんとフルパワーで遊んでいただいているので


感謝感謝なのですが。


出来ることならホテル泊か、実娘の家に泊まって欲しいよなー(本音。)


これまでは、嫁であるかーさんに遠慮して、実娘の家に泊まることが多かったのです。しかし今回はわが家へ。


「孫と遊びたい」このひとつの理由で、嫁に遠慮して、という気持ちが打破されたのです。


しかも、今週いっぱいいる感じ。(いつまでってはっきりしない、それを聞けなくてストレス)



義父がいると、わが家にいてもくつろげない。


ということで、せっかく平日の休みなのですが、仕事ですよーという風に子供を保育園へ連れて行き、スタバで本などを読んでいる次第です。



あと美容室へ行って、実家で昼寝しよう。



義理の家族への抵抗感。結婚して5年は経つのにいつまでも慣れません。


f:id:mamma-onakasuita:20170508095122j:plain

砂浜で、あーさんダイナミック砂遊び

かーさんのゴールデンなウィーク

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

f:id:mamma-onakasuita:20170501072011j:plain


スーパー天気のいいゴールデンなウィークな九州で洗濯しまくってるかーさんですこんにちわ。


九州は、春かなーと思ったらもう梅雨!猛暑!蝉が鳴く!と季節の変わり目が激しいです。


そんな中で今年のゴールデンなウィークは、気持ちがよく程よく肌寒く、正しく観光日和です。


さてさてそんな中で、かーさん誕生日を迎えました!



今年もひとつ大人になりました。



今まで、夫に過剰に期待をしていたことに気づき、とにかく期待しない!!!ということを誕生日前に決めていました。


今まで期待してたこと


例えば、誕生日は結婚式をあげたレストランを予約しててくれたらいいなー


とか。


華奢なネックレスが欲しいな~、しかも誕生石のダイヤモンドだったら最高!


とか。


どれもいつもやんわりと言葉にして、気づけよ~と念を送っていました。そして、誕生日を迎えてみたら、お家で夫が作った男飯でディナーとか、実用重視のリュックがプレゼントとか、ことごとく期待ハズレだったのです。


夫に期待しないこと


で、本当に気持ちが楽でした。


期待しそうになったら、【自分を幸せにするのは自分なのだ】と。唱える。


すると、どうでしょう


期待してなかった分


夫がしてくれたことが嬉しく感じるのです。


始め夫が〇〇を見に〇〇公園へ行こう。と提案してくれたのですが、かーさんはあまり気乗りせず


かーさんが、ちょっと遠いけどあーさんが喜ぶSLを見に行きたいかな~と言うと


じゃあ誕生日だからかーさんの選んだ方にしよう


と、ちょっと遠くても運転してくれました。


さらに、夕食はアクアパッツァを作ってくれて、しかも!私が好きなセレクトショップで購入してくれた、好みの靴をプレゼントしてくれました。(なんとジャストサイズ!)


なんてこったー!


Whyジャパニーズピーポー!と


叫びたいぐらい。


期待値を下げて、幸せを感じる。




まぁ期待されない男ってかわいそうですが。


知らぬが仏ってことで。


お家で花見という贅沢

雨続きで洗濯物に占拠されている我が家にうんざり気味なかーさんです。こんにちわ。


タイトル通り。


お家に桜どーん!

f:id:mamma-onakasuita:20170409235132j:plain



いわゆる、道の駅てきなところでこの立派な枝ぶりの桜が150円!!!!


すでに花が開いていましたが、まだまだつぼみもあり一目惚れ


2日で満開となりました!



f:id:mamma-onakasuita:20170409235342j:plain


友人たちと外でお花見をする予定でしたが、連日の雨でぬかるんでるし、ちょっと寒いしってことで


この桜を愛でながらお家でお花見しました!


あーさんも『きれーーー』と言ってくれました。


お料理は


お赤飯と、シャケのおにぎりと、塩麹を揉み込んだチキンを焼いて、ポテサラをリメイクしてジャガイモもちを焼きました!


お家にいるならと、友人が生後2ヶ月のベビーをつれて尋ねてくれて、


もぉーーーー癒されたーー


泣いてもゲロしてもかわいい!!


あーさんが2ヶ月のころは産後鬱まっさかりで、全然かわいいと思えなくて悩んでいたので


こんなにかわいい頃のあーさんをもう一度抱きしめたいなーと思ってしまいました。


友人も、産後の体調はまだまだキツイようで


『おっぱいのませるのって体力消耗するよね』


『1年は他人の身体のようだよね』


と、忘れかけていた育児の辛さを再確認しました。


それでも、やっぱりまた赤ちゃんを育てたいな〜と思う本能って不思議。


子供や赤ちゃんがいても安全な、お家でお花見おすすめですよ。


帰ってきたよ夫

夫が東北単身赴任から、帰ってまいりました!


新しい配属先も決まり、帰ってきた途端あちらこちらに挨拶まわりをしてます。


にしても、荷ほどきめんどくさ!!!


男の引越しって、悲惨ですね。


醤油のペットボトルと、ドリップコーヒーと、賞味期限の切れたクッキーと、ぐちゃぐちゃの肌着と靴下が、同じ箱に入ってた...


最初の勢いでやってしまわないと、この箱のまま放置されそうなのでここ2日、7箱の段ボールと闘ってます。


1年いなかっただけなのですが、今朝は目が覚めて『へ?!なんか音するー!!』『あっ夫いるんだった』と存在に驚くことが多々。


あと、ご飯がね〜あーさんと2人の時は一汁一菜でも、まぁそんなもんさ!と思えたのですが、なんなんですかね〜夫がいると一汁三菜でないとというプレッシャー感。


一汁三菜あると、男の人って『俺って大切にされてるな』って思うでしょう。ってこれかーさんの思い込みですかね。そしてたぶんこれ続かないな。


それから、今日あたり排卵日なのですが


まったくそういう雰囲気にはならず...


しかも先日アイハーブにて、ゲットしたマカですが、夫にまだのませられてません〜

[海外直送品]2本セット Now Foods 社 (アメリカ製)マカ 500mg250粒

早く飲ませたいけど、なんて言えばいいのか迷ってしまってます。


それと同時に、二人目本当にほしいのかな?と迷ってしまってます。あーさんを愛情とともに金銭的にもゆとりを持って育てるのもいいかなーなんて...


2人目妊活で傷つかないために、欲しい気持ちをセーブしてるのかも。


おーーーーーい夫ヨーーー挨拶まわりと言う名の飲み会からはよ帰ってコーーーイ!!!!